アキラ100%が号泣!はだか芸誕生の秘密は父親?【金スマ】

去年のR-1グランプリでまさかの(失礼w)優勝から
しっかりブレイクしたアキラ100%さん。

R-1で優勝してもなかなかブレイクに至らない人もいる中

(三浦マイルドさんやら、やまもとまさみさんやら
 ハリウッド ザコシショーさんやら・・・)

きちんと結果を出しつつありますね。

あのギリギリ感、たまんねぇwww

じゅるり (º ﹃º )

ダウンタウンの松ちゃんも言ってましたが

「海外でも通用する!」

そんな言葉の壁なんぞ関係ない芸風で
みんなを楽しませてくれています。

そんなアキラ100%さんが【金スマ】に登場!

どんなことを話してくれるんでしょうか!

楽しみ―

スポンサードリンク

アキラ100%のwiki風プロフィール


出典:twitter.com

名前:アキラ100%

本名:大橋 彰(おおはし あきら)

生年月日:1974年8月15日

出身:埼玉県秩父市

所属 SMA NEET Project

元お笑いコンビ「タンバリン」

元々、コンビの時にやっていたネタだったが
ピンになり

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」

山-1グランプリ(宴会芸を忘年会で見せる)で何も思いつかず
苦肉の策としてやったのが丸腰刑事(まるごしデカ)だった。

こだわりとして
清潔感を重視しておりムダ毛の処理には余念がない。

アキラ100%のハダカ芸誕生の秘密

元々は絵にかいたようなまじめな子供だったアキラさん。

小中学校では学級委員や生徒会長を務めたくらいw

まじめかっ!ww

当時のお父さんは

結構厳しい親父で小さいころは殴られもしたし
締め出されたりしたという
昭和の厳格なおやじという感じの人

そんな父親をアキラさんは尊敬していました。

そんなアキラさんの人生に
大きな影響を及ぼす出来事が

車で家族旅行中に前を走っていた車と事故を起こしてしまいます。

父親との確執

相手が「急ブレーキ」
アキラさんのお父さんが「前方不注意」の
お互い過失がある事故。

アキラさん家族が「どうしよう?大丈夫かな?」

と心配しているところ、お父さんは

「俺に任せろ!」

と強気な態度。

相手のところまで話に行くと・・・

いきなり謝り謝り倒します。

それを見ていたアキラさんは

家では厳格な父だったお父さんが

えへへ、すみません・・・みたいな

今まであんなの見たことがないような
たぶんあれが営業スマイル

その変わりようが非常に腹が立って

何だよ、全然違うじゃん!

子供ながらにそう思ったそうです。

この経験がある意味、ハダカ芸になるきっかけになります。

スポンサードリンク

その後のアキラ100%

その後、大学を卒業したアキラさんは

「父親みたいなサラリーマンだけにはなりたくない!」

と学生時代に始めた役者としてアルバイトをしながら食いつないでいきます。

わかります、わかりますw

若いときは、ペコペコ頭を下げて
いきていきたくねえ!

って思っちゃいますもんね。

実家暮らしだったアキラさんはたびたび、母親から小遣いをもらって
何とか生活をして行っていました。

そんな生活を長く続けているとさすがに
お父さんから

「お前はいつになったらまともに働くんだ!」

と正論を言われてしまいます。

そりゃそうだw

その正論を素直に聞けかなったアキラさん

意固地になってたんでしょうね。

そんな何となくの生活をつづけていたら
気が付けば30歳。

世間ではお笑い芸人ブーム。

役者として芽が出なかったアキラさんは
芸人になる決心をします。

それを父親に伝えると、父親は激怒!

そりゃそうだw

アキラ100%、芸人になる

それでも、コンビを組んで芸人としてデビューします。

これがまた、全く売れないw

6年ほどやっていましたが一度「エンタの神様」に出演しただけで
それ以外は鳴かず飛ばず。。。

それでもあきらめれないアキラさんは
36歳でピン芸人に。(年収2万円w)

当時の彼女(現在の妻)に食べさせてもらっている状態。

36歳といえば、世間的にも家庭を持ってきちんと仕事をしている年齢。

さらにお父さんが36歳のときに生まれたアキラさん
そのお父さんの年齢を超えたときに

「何ににもなってないな」

と思って

自分のやりたいことも家族のために我慢して
働いていた父親のことを改めて尊敬しだします。

それでもまだ、芸人を続けていたアキラ100%さんが39歳のとき
あの父親にがんが見つかります。

これが、ハダカ芸誕生の直接のきっかけになるとは!
詳しくはつぎのページ!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする