ベイブルース河本はなぜ死んだ?残された相方や妻、その娘の怒涛の人生【○○の妻たち】

どうも!僕ですw

ちょっと前に気になった映画がありました。

「ベイブルース~25歳と364日~」

たまたま、ネットか何かでタイトルを見ただけ
だったのですが

この映画にコメントしているのが

・千原兄弟 ジュニアさん

・FUJIWARAの二人

・ほんこんさん

・ほっしゃん。

・桂 三度さん(元世界のナベアツ)

など、名だたる芸人さんたちが。

このメンバーだけでも、見ようと思わせるだけの
パワーがありますよね。

ちょっと、公開期間が短すぎて見過ごしていたんですが
今回の

『結婚したら人生劇変!○○の妻たち』

に、この映画の主人公の一人、元ベーブルースの高山トモヒロさんの
奥さんにスポットを当てるようです。

調べてみますね!

ベイブルースのプロフィール


出典:http://bayblues.jp

メンバー

名前:河本栄得(かわもと えいとく)

生年月日:1968年11月1日

出身:大阪市港区

名前:高山トモヒロ(たかやま ともひろ)

生年月日:1968年7月10日

出身:大阪市浪速区

活動当時、ずば抜けた実力をもち
次のダウンタウンとまで言われたコンビ。

その実力に、親友だった雨上がり決死隊の宮迫さんは
応援しながらも嫉妬したといわれています。

今回の主人公のベイブルース。

実は、2001年に解散しています。

というのも、ベイブルース高山さんの相方
河本さんが1994年、25歳の若さで亡くなっているのです。

ベイブルース河本はなぜ死んだ?

1994年10月中旬、大阪近郊でMBS毎日放送のテレビ番組「吉本芸人ドライブTV」のロケーション撮影中に体の不調を訴えて大阪市内の病院に入院。その後に容態が急変し、誕生日前日の同年10月31日、劇症肝炎による脳出血のため25歳の若さで死去した

出典:ウィキペディア

原因は劇性肝炎による脳出血

劇性肝炎とは

急性肝炎の中でも特に重症のもの。
症状としては

・高度の肝機能不全

・意識障害

発症すると約7割の人が命を落としてしまう
死亡率の高い疾患。

発症の原因はウイルスの原因が45%
そのほか、薬物治療を受けていた人が15%
自己免疫性が約10%

他は原因不明と言われています。

以上の情報から判断すると
ウイルス性か、もともとの疾患があったのかもしれません。

その後のベイブルース高山

河本さんが亡くなってからも「ベイブルース高山」として
ピン芸人として頑張っていましたが、やはりショックは大きく
徐々に露出は減っていきます。

心身ともに荒れた日々を送っていた頃のことを
今回の番組でより詳しくやってくれると思います。

その後、奥さんの支えもあり
「ベイブルース 25歳と364日」を書き上げ
映画にまでこぎつけます。

その後、2001年に和泉修さんから誘われ
漫才コンビ「ケツカッチン」を結成。

今では、漫才ライブ等精力的に活動しだします。

ベイブルース高山改めケツカッチン高山の娘

高山さんには、娘がおり今では父親と同じ職業
つまり、「お笑い芸人」として活躍しています。

名前:光永(ひなた)

Hey!Say!Jumpの山田くんの
そっくりさんとしても活躍中w

ええ、男の子見たいですが女の子ですw

ちなみに、朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」
にも出演したみたいですよ!

まとめ

活動当時、かなりの人気を持っていたベイブルースのお二人。

当時、賞レースで優勝を持って行かれた
千原ジュニアさんは、河本さんが亡くなったときに

「勝ち逃げやんけ・・・」

ともらしたそう。

笑いに厳しく、そして、人柄もよかった二人。
このジュニアさんの一言で、実力があり、これから売れていくぞ!
というタイミングだったんでしょうね。

先に行ってしまわれた河本さんは無念だったでしょう。

そして、残された高山さんは苦しかったでしょう。
もちろん、高山さんの奥さんも、ご家族も。

これからは、河本さんのことも忘れず
上を向いて活躍してほしいですね!

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする