BIGBANGのT.O.P意識不明からみる韓国芸能界の薬物汚染。誰が捕まっている?

BIGBANGのT.O.Pさんが先日
意識不明で勤務先の宿舎で発見された事件がありました。

そもそも、BIGBANGのT.O.Pさんは2016年10月に
アイドル候補生の女性、ハン氏(21)と大麻を使用した容疑で
在宅起訴されていました。

このことについて韓国のファンは落胆しているといいます。

最近の韓国の芸能界には、こうした大麻などの薬物が
蔓延しているとのうわさも。

実際に、容疑がかかった芸能人をピックアップしてみます。

スポンサードリンク

BIGBANG G-DRAGON 大麻使用容疑


出典:www.polyvore.com

2011年に日本ツアー中に大麻を吸って
本国に帰ってから容疑をかけられ検査。

陽性の反応が出たことで事件が明るみに。

ツアー中に日本の関係者とコンサートの打ち上げで
トイレでファンらしい若い日本人から
たばこを勧められ、2、3本吸った。

普段と違った変な感じがしたので、すぐに便器に捨てた。

との弁明。

初犯で極微量だったことから起訴猶予処分となっています。

キム・ソンミン(俳優) 覚せい剤使用

韓流ファンには知られた俳優のキム・ソンミンさん

2002年には韓国で最高視聴率47.9%を記録したドラマ
「人魚姫」で主演。

人気俳優の道をたどっていたが
2010年12月、覚せい剤使用で逮捕。

懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受け活動を自粛。

2012年にドラマで復帰しましたが
また、覚せい剤使用で再逮捕。

2016年、自殺でこの世を去っています。

2NE1のパク・ボム

ガールズグループの2NE1のパク・ボムも
2014年に覚せい剤の一種、アンフェタミンの
密輸容疑で摘発されています。

江南スタイルのPSY

出典:coneru-web.com

世界的に大ヒットした「江南(カンナム)スタイル」

この曲を歌っていたPSYも人気ので始めた
2001年に麻薬使用の容疑で逮捕されています。
(ちなみに、江南スタイルの発表は2012年)

「釜山港へ帰れ」のチョー・ヨンピル

日本でも、おじいさんおばあさんには人気のあった
「釜山港へ帰れ」を歌った大物歌手チョー・ヨンピルさん。

この方も、大麻使用容疑で逮捕されています。

まとめ

ざっと調べただけでも、これくらい出てきている韓国芸能界の薬物汚染。

他にも

ガールズグループBrown Eyed Girlsのメンバーガイン
恋人で俳優のチュ・ジフンに大麻をすすめられたことを
インスタで暴露しています。

今回のBIGBANGのTOPさんの一件で

今後も、韓国の芸能界が薬物関係のニュースが入ってくるかもしれません。

BIG BANGのT.O.Pが意識不明で発見!どこで?状況は?【速報】
大麻疑惑で話題になってた 韓国のトップアイドル BIG BANGのT.O.Pさんが意識不明で発見されました。 ソウルの病...
スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする