チャランポランタン姉がコミュ障だった?姉妹でかわいい大道芸人への道【バナナ・ゼロミュージック】【ワカコ酒】

2016年の年末に社会現象になった

【逃げるは恥だが役に立つ】

の恋ダンス。

この恋ダンスは、星野源さんが歌う
エンディングテーマでしたが

オープニングテーマを歌っていたのが
チャラン・ポ・ランタンのお二人。

この曲もいい曲なんですが
エンディングがさらにいい曲だったので
あまり注目されませんでしたね。

今回、バナナ・ミュージックに出演ということで
ちょっと調べてました!

チャラン・ポ・ランタンのプロフィール


出典:http://www.charanporantan.net/

チャラン・ポ・ランタンは2人姉妹のユニット。

自称、大道芸人。

名前:もも(松永 もも)妹 向かって左

青年月日:1993年4月9日

担当:ボーカル、作詞、作曲

手には常にブタのぬいぐるみ。

ちなみに、このブタのぬいぐるみは
ライブのときに姉の小春に

「豚のぬいぐるみもって」

という一言がきっかけ。

名前:小春(松永 小春)姉 向かって右

生年月日:1988年11月21日

担当:アコーディオン、作詞、作曲

子供のころにシルク・ド・ソレイユでアコーディオンを見て
自分もやりたいとアコーディオンで音楽を始める。

ちなみに、新人バンドと勘違いして
世界的に有名なプログレッシブロックバンド

ピンク・フロイドのデイビッド・ギルモア

からのオファーを断っているw

マジか!w

チャランポランタン姉がコミュ障だった?

子供のころから、人付き合いが苦手だった姉の小春さん。

実際に、昔のインタビューを読んでみると
かなり不安定な感じがあって、マジヤバい感じでした。

小春:私は相変わらず人が苦手だったので、「なるべく人と会話をしないで仕事しよう。でないと生活できない」と10歳で思い詰めるようになって。それならサーカスの団員より、大好きなアコーディオンを路上で弾いてお金をもらえるといいなって。それでたどり着いた答えが、「大道芸人」でした。それなら看板を立てて缶を置いておけば自動的にお金が入るし、終わったら段ボールの部屋に戻ればいいと考えていました。大家さんに部屋を借りるのも嫌だったんです。賃貸契約などで人とのやりとりが発生するから。当時はホームレスになるってイメージしてたなぁ。

――そのコミュ障が克服されたのはいつ頃なんですか?

小春:17歳のとき、東京都による「ヘブンアーティスト※」という大道芸人のライセンス制度を知り、頑張って取得しました。そこから徐々に変わっていったと思います。

出典:日刊SPA

不安定だったのが、人前で大道芸人としてやるようになって
そして、妹のももさんと一緒にやるようになって徐々に
今のように、変わっていったようですね。

チャラン・ポ・ランタンとピンク・フロイド

イギリスの貴族に呼ばれたのがきっかけw

執筆中です。

チャラン・ポ・ランタンの「逃げ恥」オープニング曲

逃げ恥では星野源さんの「恋」がインパクト強すぎて
お忘れの人もいると思いますのでw

こちらに置いておきますね。

ボーカルのももさんの声も堂々としてて
ルックスも結構好きです(何様w

ちなみに、エレキコミックのやついいちろうさん主宰の
「YASUI FES」でライブを見たことがあるんですが

ボーカルのももさんのあおりがちょーうまくて
楽しかったなぁw

それが一番最初に体験したときでしたね。

一度、ライブ見てみてくださいw
おすすめです!

あ、あと、ドラマ【ワカコ酒】の曲や、いろんなカバーもしていて
個人的に好きなので勝手に置いときますw

アコーディオンアレンジがええわーw

まとめ

コミュ障を克服して、海外からも注目されるようなアーティストになった
チャランポランタンの二人。

今後は、日本だけでなくどんどん海外に進出してほしいですね!

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする