ドリカムアレルギーのマツコが中村正人からプレゼン!吉田美和は発達障害のうわさ!【マツコの知らない世界】

以前、「怒り新党」でドリカム嫌いを公言していた
マツコ・デラックスさん。

その理由が

「夢は必ずかなう」などという歌詞が

「前向きで明るいイメージが強すぎる」

からw

わかるわーw

ドリカム好きだけどw

そんなマツコさんが
ドリカムの中核、吉田美和ビジネスをぶち上げた
中村正人さん本人の

ホントのドリカム】

のプレゼンを受けます!

スポンサードリンク

ホントのドリカム吉田美和のウワサ

名前:吉田美和(よしだ みわ)

生年月日:1965年5月6日
出身地:北海道中川郡池田町

ドリカムでのCDルイ上米数5500万枚!w

ドリカムの歌詞をほぼすべて書いている吉田さん。
作曲もしており、歌声と共にその才能をいかんなく発揮しています。

その吉田さん、テレビなどにたまに出ると
その落ち着きのなさや、空気の読まないその言動から

「発達障害」

なのでは?

というウワサが。

どうやら、極度の上がり症で人見知り。

そのおかげで、トーク番組などでは
無理やりテンションを上げているらしく
落ち着きなく見えるみたいですね。

ホントの吉田美和

世間ではポジティブなイメージの吉田さん。
実は全然ポジティブではないそう。

本人が言っているから本当ですねw

休みの日なんかは
キッチンで出汁を作りながら仕事をするのが好きな女性。

「私は、そんな人じゃない」と
ドリカムの名前も最後まで反対していたくらい。

それが、本当の吉田美和さんだそうです。

マツコのドリカムアレルギーを何とかしたい

「【夢はかなう】って言っているバンドはシアワセとは限らない」

そんな名言をぶち上げた中村正人さん。

ホントのことを知って、マツコさんにも
好きになってほしいと今回のプレゼンを実施。

●ドリカムビジネス 中村さんの戦略

バンドを始めた時にそれぞれの思いが
全く違った「ドリカム」の3人。

どんな思いだったかというと

吉田「歌って生きていくんだ!」

西川「吉田のためなら何でもやるよ!」

中村「売れたい!もてたい!儲けたい!」

とホント3人ばらばらw

北海道出身の元メンバーの西川さんと吉田さん。

元々、北海道でも音楽仲間だった西川さんは
吉田美和さんの一番近くにいるファンだったらしく
どんなことでも、協力するというスタンス。

対して、吉田さんは、ナチュラルに

「歌で生きてく!」

との思い。

中村さんは、そんなんじゃなく
ホント、高校生が音楽を始めるときの衝動w

ホント、ステキwww

スポンサードリンク

ドリカムの歴史は【闘争の歴史】

西川さんがいる間は、西川さんが間を取り持ってくれていたのですが
今では、二人になったいつも365日解散危機といいます。

「ドリカムの場合、解散ではなく
 僕(中村)がクビ」

ドリカムは中村さんがいなくなっても
吉田美和さんがいればドリカムはドリカム。

(中村さん、悲しい目・・・)

アーティスティックな吉田さんと
ビジネス的な目で物事を見てる中村さん。

そんな二人が合うはずもなく・・・

 まとめ

きれいごとの意味のDreams come tureではないと
意味を知ってマツコさんもアレルギーがなくなったとのことw

それより、中村さんが不憫になっていましたね。

これからちょっとドリカムの見方が変わってしまいますね。

これからは中村さんを中心に応援していきますw

最後まで読んでもらってありがとうございました!

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする