福岡3億8000万強奪事件の新事実!犯人は韓国人?!銀行の失態。計画的犯行?

4月20日に起こった福岡市中央区天神の駐車場で
男性会社員が銀行から受け取った3億8000万円を
数人の男に奪われた事件。

この事件で新事実が見つかりました。

スポンサードリンク

福岡3億8000万強奪事件の犯人は韓国人?

この事件に関与していると思われる他の事件が
同日の20日に起こっています。

その事件が

福岡航空から申告なしに
7億4000万の現金を無断で香港に持ち出そうとした疑い。

犯人の一人の名前と顔が出ていますね。

ビョン・ソンフン容疑者(35歳)

この事件に関与している韓国人4人が
勤めている会社社長に取材したところ


「日本人から車の購入のために渡された」

と、福岡3億8000万強奪事件との関係を否定しています。

追記ーーーー

今現在、社長のいうには日本の顧客から

イタリアの高級車フェラーリの

「ラ・フェラーリ」を2台の発注がありその金額だということです。

ちなみに、発売当時の金額は1億5000万円。
499台限定だったため、プレミアがついて
3億前後まで値段が上がっているとのことです。

追記2ーーーー

韓国人の4人が持っていた札束の帯が
盗まれた現金の帯と違い、関与が薄いと捜査関係者から
発表がありました。

では、犯人はどこにいるのでしょうか?

謎が深まります。

福岡3億8000万強奪事件の新事実その1

この事件で、みずほ銀行のずさんさが露呈されます。

というのも、これだけの大型の取引だというのに
取引に使われてた

紙幣の番号を記録していなかったことが判明

あの3億円事件ですら、きちんと記録していたというのに
このずさんさは今後追及されることだと思われます。

これが記録されていれば、前出の韓国人の海外現金持ち出し事件も
関与があったかどうかがすぐに分かったはずです。

これには、警察側も臍をかんでいるでしょうね。

福岡3億8000万強奪事件の新事実その2

この事件で犯人が使った白いホンダの
ステップワゴンのナンバーは同市博多区にあった別のナンバーと
同じものだった。

ナンバープレートは別の車のもので付け替えられてた可能性が。

白いワゴン車の盗難届は出ていない模様。

つまり、逃走の際にナンバーから身元が割り出せないように
計画的な犯行だと思われます。

さらに、被害者の男性から

自分の到着前からワゴン車が駐車場に停車していた

と説明していることも併せて判明。

犯行に使われたワゴン車は4月22日6時現在
まだ見つかっていません。

まとめ

ちょっとずづですが、真実がわかって来ています。

思った以上に大きな事件になりそうな感じがしますね。

どんどん、調べていきますね!

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする