貴乃花の長男の花田優一なぜ靴職人に?年収や店はどこ?嫁や家族はいる?【金曜日のスマたち】

当時は、それはそれは兄の若乃花と一緒に相撲ブームをけん引する
ほどの大人気。

これまた、当時の大人気アイドルだった宮沢りえさんとも一時
婚約をしていたという、当時の話題をかっさらいまくってたのが

昭和の大横綱、2代目貴乃花

いやー当時を知ってる身としては
すげえヤツが出てきたもんだと思ったものです。

そんな大横綱の貴乃花の長男、花田優一さん。

相撲界には目もくれず、20代という若さで
靴職人として頑張っています。

今回の金スマでは、そんなバックグラウンドをもつ
花田優一さんに焦点を当てます。

どんなエピソードが出てくるのか楽しみですね!

スポンサードリンク

花田優一と靴職人


出典:インスタグラム

なぜ、靴職人に?

生まれ育った環境も職人さんばかりの環境で

育ったので、必然的に職人にあこがれて。

父貴乃花が引退して一息ついたときに
イタリアのフレンツエに家族旅行に行きました。

その旅行で職人の工房へ見学に行ったとき
日本語とイタリア語で言葉がわからないにも関わらず
父と職人の二人で目に見えない会話が成立していたのを見て

「ひとつのことを貫いている人同士に成立するものがある」

と職人へのあこがれが芽生えたといいます。

さらに、15歳でアメリカに留学していたときに
自分が住んでるところに日本人が一人しかいなかったとしたら
自分がすることが日本人がやることと思われる。

と、自分を律し、日本人としてアメリカで生活していたそうです。

その中で、日本人の魂をいつも使うものに込めたい!

すでに、職人になることを決めていた花田さん。

当時、その魂を込めるものを靴にするのか
机にする野かを決めかねていたとき

父、貴乃花の言葉

迷った時は、苦しいと思った方へ行け

を思い出し、より難しい靴職人になったのだそうです。

花田優一と父、貴乃花の言葉

父の言葉その1

他の世界で横綱になれ!

当時、まだご存命だったお爺さんの二子山親方(初代貴乃花)と
父、二代目貴乃花の二人から

僕たちは相撲の世界しか知らないから
他の世界を教えてくれ。

といわれていたそうです。

さらに、おじいさんは

「子供(二代目貴乃花)が相撲と取っているのを見るだけでも
心臓が飛び出そうなのに
孫まで相撲取りになったら、死ぬw」

といわれてたそうです。

そんな環境にいたのであれば、さすがに
相撲界に進もうとは思いませんよね。

父の言葉その2

高校生のとき、

夢を見つけた後より
夢を見つける前が大変なんだよ

父の言葉その3

迷った時は、苦しいと思った方へ行け

スポンサードリンク

花田優一の店はどこ?

ネットで流れている「ALMONI」というお店は
花田さんのお店ではなく、スペースをレンタルさせてくれていたお店。

店の一部を間借りして期間限定で靴を販売していたようですね。

こちらは、そもそも美容鍼サロンですので
間違って靴を買いにいかないようにしてくださいねw

今現在は、お店は持っておらず
メールと電話で受け付けているみたいですね。

メールと電話はインスタで上がっていたので
探してみてくださいね。

花田優一の年収は?

オーダーの靴一足15万。

今、同時進行で作っている靴が70足とのこと。

単純計算で1000万越え。

さらに、一年間予約待ちというので
バックオーダー分も加味すると

年商として2000万以上はあるのではないでしょうか。

年収としては
ざっと考えて、500万~1000万くらいなのかなと思います。

花田優一の嫁や家族は?

2017年4月に結婚したそうで

そのお相手は

「青山学院大出身のA子さん」こと

矢木 麻織香(やぎ まりか)さん

花田さんの一つ上の姉さん女房だそうです。

まだ、妊娠はしていないようです。

まとめ

まだ20代なのに、ものすごく
いろんな経験をしている花田さん。

やっぱ、年齢は関係なく、自分で、自分の足で立ってる人の言葉は
ココロに刺さりますね。

今後も頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする