関西学院大の外国人講師「光らないな」と福島出身の女子学生に差別発言

最近は日本国内での外国人への目も厳しくなりつつありますね。

モノを言わない日本人の中にいて
調子に乗ってしまったのか、言ってはいけないことを
発してしまう外国の方もいるようです。

今回の事件もそんな中の話かもしれません。

関西学院大外国人講師の差別発言

この件の概要は

関西学院大(兵庫県西宮市)の外国人講師が、福島県出身の女子学生に対し、「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った」と発言していたことがわかった。

女子学生は精神的ショックで体調を崩しており、休学も検討しているという。大学側は「差別的な発言だった」と認め、今月17日付で講師を減給3か月の懲戒処分とした。

出典:読売新聞

これまた、強烈な発言ですね。

外国の方が、ジョークがキツいと言っても
有名人でもない個人にこの一言はジョークになりませんね。

でも、この事件が起きたのって2014年なんですよね。
すでに、2年以上のタイムラグがあります。

なぜ、今頃・・・?

ここら辺に、大学の体制の闇が見え隠れします。

関西学院大外国人講師のプロフィール情報

今現在、わかっている情報としましては

年齢:40代

非常勤講師

英語を担当

ということくらい。

関西学院大学のホームページも確認してみましたが
やはり、非常勤講師の情報はほぼなく、特定はできませんでした。

わかり次第、追記していきます。

関西学院大外国人講師の差別発言の時系列

被害者の女子学生は2014年に福島県の高校から入学。

この入学した年、つまり、2014年の秋にこの件が発生。

英語の授業を受けていたときに担当だった
40代の外国人非常勤講師が教室の電気を消し

日本語と英語で

「(福島県出身なのに)光らないなw」

と発言。

その授業では約30人が受講していた。

女子学生は当初我慢していたらしいのですが
2015年4月になってから大学のハラスメント相談センターで相談。

その後、授業は出ていない模様。

件の外国人講師は

「電気を消したことは覚えてないが、発言はした。
冗談のつもりだった。謝罪したい。」

と話しており、新年度の講師を自体するという。

差別発言の発覚までの考察

僕が気になったのは、もちろん、差別発言はよくないことですが
それよりも、問題が発覚するまで半年。

そして、表に出て、処分をするまでにさらに1年かかっているわけです。

ここに、疑問を感じざろうえません。

ハラスメント相談センターに行ったのが半年後・・・
もしかしたら、一度だけではないのかもしれません。

そういう意味でも、しっかりと事件を開示して
今後二度とないようにしてほしいものです。

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする