加藤一二三(ひふみん)なぜ引退?引退会見で何を語る?伝説や家族、年収は?【速報】

【ひふみん】こと加藤一二三さん。

現役最高齢プロ棋士として活躍しておりましたが
6/20に現役を退きました。

出典:将棋ニュース

今では、将棋ブームを作った一人として
「ひふみん」の愛称で親しまれています。

そんな加藤さん、引退会見でどんなことを話すのでしょうか。

スポンサードリンク

加藤一二三(ひふみん)はなぜ引退?

今回の加藤一二三(ひふみん)の引退の経緯を

カンタンに説明しますね。

現役最年長棋士だった加藤一二三九段(77歳)

引退前は、クラスがC級2組に属していました。

このクラスまでが、定年のないクラス。

降級点を3つ取るとフリークラスへ降格

そしてフリークラスに降格してしまうと
原則として定年が60歳

現在、77歳の加藤一二三さんはすでに降級点を2つとっており
負けてしまって降級してしまうと定年を超えているため
強制的に引退させられてしまう状況だったのです。

6/20の運命の日
第30期竜王戦ランキング戦6組昇級者決定戦(対 髙野智史四段戦)で
悔しいですが負けてしまい、降級点が3つに。

フリークラスへの降級が決定。

定年の60歳を超えていたため
加藤九段は2016年度の出場していた残りの棋戦の最終対局日をもって
引退となっていました。

残念ですね。

でもこれからも、またニコ生などで解説を聞けるので
さびしくはないですよね。

加藤一二三(ひふみん)引退会見で何を語る?

引退会見ではどんなことを語るのでしょうか。

現役生活63年。

いろんなことがあったと思います。

まず最初の第一声は

皆様、こんにちは。これから引退の記者会見を行います。

と宣言。

現在の心境を

大変スッキリした気持ちです。
これからも今まで通りやる気を失わないで
元気よくこれからの人生を歩んでいく気持ちですから

と文字通りスッキリした顔で会見を始めています。

今回の引退で仲のいい羽生善治三冠もコメントを出しています。

現役生活63年は空前絶後の大記録です。長年にわたりお疲れ様でした

出典:将棋ニュース

そして、今では時の人になっている14歳天才棋士 藤井聡太四段もコメント
藤井聡太四段は、プロになって最初の対戦を加藤一二三さんとしています。

加藤先生、長い間お疲れさまでした。
先生と対局しその迫力ある指し手を体感できたことは
僕にとって大きな財産になると思っています。
ありがとうございました。
これからもさまざまな方面でご活躍されることを楽しみにしています

出典:将棋ニュース

ほんま、できた子やw

スポンサードリンク

加藤一二三(ひふみん)の伝説

ちょっと調べてみたら、まあ出てくる出てくるw

やっぱ、長嶋茂雄さんと一緒で伝説になる人は
逸話がわんさかw

ちょっと羅列してみますね。

・郵便局へ切手を買いに行くが、将棋の事考えてて何買うか忘れてる。

・ネクタイが異常に長い
 「人から見て長く見えるのはわかっています。
 でも自分ではまだ短いように思うのです。」
戦いに挑む闘志の現れとしている

・名人戦で詰みを発見して「ウヒョー!」と奇声w

・マイストーブを対局室へ持ち込み、対局者に向けて対局開始

・世話になっていた師匠を逆破門w

・詰め将棋のヒントを求められたとき 「まず王手をします」

・ひふみんが抱っこした子供はなぜか泣かない

・ネット指導対局の感想戦では「ニルスの不思議な旅」の話を始める

・ネットでひふみんと呼ばれているのは知っている。お気に入りw

・唯一、19,20,21世紀生まれの棋士と戦ったことのある

などなど。

いやー、愛されるのもわかりますねw

そして、気になる家族や年収は?

次のページです!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする