小林カツ代の最後とケンタロウの現在は?レシピ本が売れている?【金スマ】

「私が死んでもレシピは残るから」

小林カツ代さんのレシピが亡くなって3年たった
今現在も売れ続けているという
出版界でも異例の状態が続いているそう。

そんな小林カツ代さんの最後を今回の金スマで特集をしてます。
ちょっと僕も気になってたので
調べてみますね。

スポンサードリンク

小林カツ代のプロフィール

名前:小林カツ代

生年月日:1937年10月24日ー 2014年1月23日(満76歳)

今ではあたり前の時短料理の生みの親。

小林カツ代の最後の9年間

これまであまり語られることがなかった
小林カツ代さんの最後の9年間。

今回、友人もよく知らなかった事実を金スマで語ります。

60歳を超えても、仕事はふえる一方の小林カツ代さん。

そんな忙しいときにも社会に貢献したいと
2000年にはチャリティ合唱団を結成。

当時の睡眠時間は3時間だったという。

2005年6月17日
番組の打ち合わせ中に

「少し、横にならせてほしい」

と奥の部屋に引っ込んで横になると
「頭が痛い」

と倒れてしまいます。

普段は、ちょっとのことでは
調子が悪いことを訴えない小林カツ代さん。

自分で訴えるということはかなり深刻だったよう。

原因はくも膜下出血。
頭蓋骨内で担当の医師が驚くほどの
かなりの出血があったようです。

そのまま、救急車で病院に運ばれ手術。

息子のケンタロウさんにも連絡が行き
すぐに駆けつけます。

手術後の生存確率は10パーセント。

それでも、2日後、小林カツ代さんは
戻ってきました。

それまでの仕事は、息子のケンタロウさんが
代役として勤めました。

周囲のだれもが小林時カツ代さんの復帰を
信じていました。

そんな術後の12日後、容体が急変。

全身がマヒし、体を動かすことはおろか
話すらできない状態に。

さらに自力で、食事をとることも
できなくなってしまいます。

栄養は、点滴だよりに。

そんな苦しい状況が続いていましたが
仕事はひっきりなしに。

それもそのはず
小林カツ代さんの病状は
世間に発表されていなかったのですから。

言葉は話せずとも、涙をながし
悔しさを周囲に伝えてたそう。

スポンサードリンク

息子ケンタロウの事故と現在

カツ代さんが倒れてから、入れ替わるように
息子のケンタロウさんが活躍し始めます。

レギュラーなど、数多くの番組に出演。

レシピ本も多数出版し、人気にも安定していきます。

僕も、TOKIOの国分太一くんと一緒にやっていた

「太一×ケンタロウ 男子ごはん」

は、レシピ本も買ったし、いつも見ていました。

(なお、今は、栗原心平さんが番組を引き継いでいます)

今でも、このレシピを使って作っています。

カツ代さんの意志を継いだ
ケンタロウさんも何の因果か

2012年2月4日深夜

仕事帰りにバイクで、首都高出口で高さ6mほどから
カーブを曲がりきれずに転落。

頭や足の骨を折るなどの重傷を負ってしまいます。

バイク愛好家としても知られていたケンタロウさん。
(ハーレー系のアメリカンが好きだったようです)

同じ趣味を持つものとしても
応援していたので、かなりショックを受けたことを覚えています。

おそらく、脳挫傷も起こしていたのではないかと思われ
機能障害も出ているかと思われます。

(同じ時期に私の友人も脳挫傷を事故でおい
今でも、機能障害で苦労しています。)

今現在、話すことはできるようで
リハビリのおかげか、多少は歩けるようになっているようです。

いつか、また元気な姿を見せてほしいですね。

小林カツ代さんのその後

ケンタロウさんが自分と同じ道に進んでくれたことを
誰よりも喜んでいたカツ代さん。

ですが、事故による大けがで
日常生活もままならない、仕事の復帰もわからない状態の
ケンタロウさんのことは
カツ代さんの状態を考え
亡くなるまで、知らせることはなかったそうです。

ですが、事故の1年後
車いすで、外出できるくらいに回復したケンタロウさんは
カツ代さんのお見舞いに病室へ行きます。

この時、車いすだったことをカツ代さんは
理解していたかはわかりません。

ですが、どんな状態だったとしても
家族がそろうのはうれしかったのではないでしょうか。

その後、9年間の闘病生活を長女のまりこさんに看取られながら
天国に旅だったそうです。

まとめ

今まで知られなかった小林カツ代さんの最後。

いつまでも、料理のことを、家族のことを考えていた
カツ代さん。

亡くなった後にもレシピ本が売れる理由がわかった気がします。

私も、小林さんやケンタロウさんのレシピを使って
大事な人に料理を作っていきたいですw

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする