宮内悠介(芥川賞候補)はうつだった?家族や結婚は?「あとは野となれ大和撫子」のアイデアは?

最近は、芸人のピース又吉さんの「火花」や
テレビの露出が増えてきているw羽田圭介の
「スクラップ・アンド・ビルド」

などで受賞者発表後はいつも話題になる芥川賞

今回の候補もおもしろそうな本ばかりです。

その中でも、ちょっと気になったのが
今まで今回を合わせて3度の芥川賞にノミネートをされて
未だ受賞していない作家 宮内悠介さんをちょっくら調べてみました!

スポンサードリンク

宮内悠介のプロフィール

名前:宮内悠介(みやうち ゆうすけ)

生年月日:1979年1月18日

出身:東京都

1992年(13歳)までニューヨークで生活。
学歴:早稲田大学第一文学部英文科卒
ワセダミステリクラブ所属

卒業後はインド。アフガニスタンを放浪。

その後の作風にも影響を与える。

放浪後は、麻雀のプロに補欠合格するも
なぜかプログラマーに。

就職後もワセダミステリクラブOBが作る
創作同人誌「清龍」で創作活動をつづる。

2010年に囲碁を題材にした短編「盤上の夜」で

第一回創元SF短編賞で 山田正紀賞を受賞。

2012年に各種盤上ゲームを題材にした連作を書き連作短編集「盤上の夜」でデビュー。

今年(2017年)に入って
第38回吉川英治文学新人賞 「彼女がエスパーだったころ」

第30回三島由紀夫賞 「カブールの園」

と立て続けに受賞。

この勢いで芥川賞も!といわれている。

宮内悠介(芥川賞候補)はうつだった?

ちょっと前に話題になった
田中圭一(漫画家)さんの本

「うつヌケ~うつトンネルを抜けた人たち」

田中圭一さんのレポート漫画なのですが
この漫画に宮内さんも登場しています。

この作品を読んでいないので
どういういきさつでうつになり、抜けていったのかを知りたいですね。

今現在は、この漫画で公表しているくらいなので
克服はしていると思います。

宮内悠介さんのツイッターでは「エクソダス症候群」を
書き直す過程でウツになったと告白しています。

詳しくはこちら↓


うーん、自分のアイディアを殺すって
そうとう精神的ダメージがありそうですよね。。。

宮内悠介(芥川賞候補)の家族は?

いろいろと調べてみましたが
どうやら公表していないらしく
わかりませんでした。

放浪が好きな人のようなので
まだ結婚などはしていないのかもしれませんね。

芥川賞候補「あとは野となれ大和撫子」のアイデアは?

宮内さんがある日見た夢が元のアイデアだったそうですよ。

 夢だから何もかもあいまいなんですけど
どこかアラビアンナイト的な世界がありまして

そこで内紛が起こって

根性のない男たちが逃げ出してしまう

仕方がないから女性たちが立ち上がって頑張るという夢

出典:王様のブランチ

完全にあらすじはこの夢から来ているようですね。

まだ読んでいないのでチェックしてみます!

まとめ

今年はすでに2つも受賞している宮内さん。

この勢いで、芥川賞も取ってほしいですよね!

まずは、この本の感想を言えるようにするために
早速買ってきますw

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする