森友学園問題まとめ 8億円値引きの根拠のゴミがなかった!ウソの報告?!

まだまだ続いている森友学園問題。

今度は土地代の8億円の値引きの根拠、地中にあるはずの
ゴミがなかったというメールのやり取りが出てきちゃいました!

まだまだ、燃料を投下する籠池前理事長。

どこまで問題がでかくなっていくのでしょうか!

詳しく調べてみました!

今までのまとめはこちら
http://wishwish.xyz/moritomogakuen-matome-1/

スポンサードリンク

 森友学園問題 8億円値引きの根拠のゴミがなかった!ウソの報告?!

今回、籠池前理事長が公開したのは

国有地売却時にやり取りしたメール。

そこには8億円もの値引きの根拠としている

地中9.9mまであるという
ゴミの存在を覆す内容でした。

設計者から森友学園側弁護士へのメール(去年4/8)

ボーリングした位置においては
約3m以深には廃棄物がないことを証明しております。

ご指示お願いします。

設計業者はボーリング調査の結果
地中3mより下にはゴミがなかった旨を弁護士へ報告。

その上で「柱状図」(ボーリングの結果がわかる資料)を
財務省近畿財務局に提出するべきか弁護士に相談しています。

それに対して弁護士は設計業者へ

柱状図の提出はやめましょうか。

あいまいな形で億単位の交渉はできません。

と提出の見送りを提案。

このメールに対して設計業者は

今回のボーリング調査にかんする資料は
抹消しました。

と報告。

つまり、このメールのやり取りを信じるとするなら

地下にゴミある(らしい)

そしたら、その処理する条件で
土地代 8億円値引いたるわ

調べたら、なかったわ

あったことにしといて
だまっとこ。

証拠隠滅。

という流れ。

この結果、財務省はボーリングの結果の資料である
「柱状図」を確認しないで8億円の値引きをした可能性が
出てきました。

森友学園問題 籠池前理事長は

「このメールの意味するところが
あまりにも意外すぎ、私もよく理解できておりません。」

「自分は蚊帳の外に置かれていたんだなと
思わざるを得ません」

と自分の関与は否定しております。

これに対して、財務省側は、

「ボーリング調査については把握していた」

との言っています。

スポンサードリンク

まとめ

もう、登場人物がまた増えてくるんでしょうね。

何より、誰がGOサインを出したのか
どういうカラクリなのか。

誰がどんな得をして
誰が誰を指示したのか。

池井戸 潤もびっくりの大きな話になってきましたね。

大半のことは公表されずに、いつの間にか
終わってしまうのでしょうが、今後はこういうことが
出来ないようにしてもらいたいですね!

何よりこの財源が税金なのですから。

僕らも、きちんと見て、風化させないように
しなければなりませんね。

池井戸 潤さんもこのネタと
加計学園のネタで一本、小説書いてくれないかなw

あ、不謹慎発言でしたw

mototomogakuen-fugitai-7-10

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする