北朝鮮ミサイルは打つ?火力訓練実施!アメリカと金正恩の動きは?【最新情報】

緊張が高まっている朝鮮半島。

4月25日は北朝鮮の朝鮮人民軍創建記念日。

それに合わせて、東部の江原道・元山で
25日正午現在、過去最大規模の火力訓練を行っていることが
韓国政府筋からの情報でわかりました。

スポンサードリンク

北朝鮮の火力訓練実施に正恩氏立ち会い

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下
朝鮮人民軍は今回の火力訓練には長距離砲などを
大挙投入し訓練しているといいます。

どんな兵器を使っているのかなどの詳しい情報はまだ伝わっていませんが
今現在、ミサイル発射の情報は出ていません。

アメリカ軍の動き

アメリカ軍は、26~27日に原子力空母「カール・ビンソン」が
朝鮮半島近海に到着予定。

空母に先だって海軍最大級の原子力潜水艦「ミシガン」が
本日25日韓国・釜山(プサン)港に入港しました。

アメリカは北朝鮮に対して

「平壌に強力なメッセージを送る」

とロイター通信は伝えています。

まとめ

すでに一触即発の状態。

25日が北朝鮮にとって特別な日であるのはわかりますが
さすがに、この状態では北朝鮮もミサイルを飛ばす等の
挑発行為はカンタンにはしないと思います。

ですが、窮鼠猫を噛むではありませんが
どう転ぶか、まだまだ分かりません。

しっかり状況を見ていた方がいいようです。

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする