北朝鮮が弾道ミサイル発射か?戦争が起こる?日本海に落下5・14【速報】

5月15日午前5時ごろ、韓国の韓国通信社が

「北朝鮮が起用未明、弾道ミサイルを発射した」と発表。

ミサイルは30分程度飛んで日本海に落下し
俗にいう日本の排他的経済水域には落下していない。

発射地点(クソン)の東500kmの日本海に落下。

スポンサードリンク

菅官房長官のコメント

本日(5・14)午前5時28分ごろ
北朝鮮西岸より一発の弾道ミサイルが発射をされ
30分程度飛翔し、日本海に落下したとみられます。

なお、現時点において、落下したのは
我が国のEEZ(排他的経済水域)内ではないと推定をされます。

引き続き、確認中ではありますが
付近を航空する、航空機や船舶への被害報告などは
確認されておりません。

総理には直ちに報告を行い

「情報収集、分析に全力を挙げ、国民に対し
迅速、正確な情報提供を行うこと

航空機、船舶等の安全確認を徹底をすること

不測の事態に対し、万全の態勢を取ること」

この三点について、指示がありました。

今回のミサイルの発射は
航空機、船舶の安全の観点から、きわめて問題のある
極めて問題のある行為と共に安保理決議に対し明白な違反であります。

我が国としては、このような北朝鮮による度重なる
挑発行為を断じて容認できず北朝鮮に対し
厳重に抗議を行い、非難をしました。

北朝鮮の狙いは?

韓国の 文在寅(ムン ジェイン)新大統領が
日本や、アメリカに対し

「北朝鮮にはしっかり対応していく」

との発言に対してのけん制の意味も
あるのではないかといわれています。

まとめ

排他的経済水域を超えていないということで
日本の船舶や航空機には直接は影響がないと思われます。

今のところ、実被害はないようで
北朝鮮への直接的な報復はないと思われます。

このミサイルの発射で、さらに北朝鮮とアメリカ、韓国、中国との
関係に緊張感が走ることは確実。

しっかり、情報を収集していかないと
いけませんね。

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする