Plants of Circus(プランツ オブ サーカス)ってどんな人?モトコーのイベントでお店開く

今回、ビートたけしの「ニッポンのミカタ」
で特集をしていた大阪は元町高架下、通称「モトコー」

たまたまここでのイベントでお店を開いていた4人組です。

どんなお店を開いていたのか興味シンシン丸ですw

お店もそうですが
この女の子たち、どんな人たちなんでしょう?

ちょっと調べてみました。

Plants of Circus(プランツ オブ サーカス)ってどんな人?

通称:POC(ポック)

大阪で活動中の女子二人組ユニット
【白鍵と黒鍵】と【リサとマルガリータ】の
4人からなるユニット。

世界に笑いと楽しい種をまき散らすべく
活動をしているそう。

Plants of Circus(プランツ オブ サーカス)のメンバー

ムラカミマイ(リサとマルガリータ)
Akane Shimojo(リサとマルガリータ)
白旗聖子(白鍵と黒鍵)
Eri Sakaide(白鍵と黒鍵)

の4人組。

【リサとマルガリータ】

まいちんとあかねちんで結成。
こちらがリサであちらがマルガリータではなく
二人あわせて、リサとマルガリータ。
通称、リサマル。
民族楽器をかき鳴らし、聞きなれない異国語で歌い上げるインパクト大のカバー。
視界の色が変わるような、色とりどりのオリジナル曲。
どこにいてもわかる笑い声と、
リサマルらしい雰囲気で、観客の心をつかまえる。

笑いの花咲く民族音楽ギャルズ!とは私たちのこと♪
1st アルバム『トロピカラフル世界紀行』好評発売中!

出典:facebook

【白鍵と黒鍵】

2005年春に結成。
同年、滋賀 ROCK ON OTSU にて審査員特別賞受賞。
2006年、大阪 なんばパークスパフォーマーオーディショ
ンに合格。1年間のなんばパークス野外ステージ出場権獲得。
同年、京都西院ミュージックフェスティバルに参加。
以後、京都・大阪を中心に気の向くままに活動を続ける。
現在までに2枚のCDを自主制作。

ピアノ×ジャンベという珍しい編成に、女声ヴォーカル2本。
結成当時からの独特の世界観と2人の絶妙な間合いが魅力。
ときに強く、ときに切なく。
降りしきる雨のように、そよぐ風のように。
一度聴いたら忘れられない、まとわりつく感触。

 と、それぞれ音楽活動をしているユニットの集まりのようです。
 ブログ等を拝見していると
いろいろと発信しているようで、何やら楽しそう!
もっと詳しく知りたいですね。

Plants of Circus(プランツ オブ サーカス)の経歴は?

そもそもは、『リサとマルガリータ』のムラカミマイさんのところに
『白鍵と黒鍵』の二人から
「なんかおもろいことしよー!」
と女子会なる会議を重ねたことから始まります。
白鍵と黒鍵の「植物」を使いたい と
リサとマルガリータの「サーカス」がしたい

というコンセプトから

「植物たちのサーカス」をやろう!

と決定。
言葉の響きだけで「Plants of Circus!」をチョイスしたもので、直訳すると「サーカスの植物」に。笑
出典:http://murakamimai.blog61.fc2.com/
とノリで付けたようですが
結構目を引く名前のような気がします。
2012年5月『Plants of Circus!』を初開催。
もともとはミュージシャンの4人。
ツイキャスで生配信してみたり
お店をやってみたり
そして、音楽を通していろいろとやっているみたいです。
4人の音楽も聞いてみたいですね。
今回のことで盛り上がりがあって
注目されるかもしれません。
今からチェックしてもいいかもしれないですね!
スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする