下北沢ダイハード第2話のあらすじや感想!川栄梨奈や光石研が出演!「違法風俗店の男」

1話目でかなりの反響があった深夜ドラマ

『下北沢ダイハード』

なかなかパンチが効いてて面白かったですね!

今度はさらに、ドキドキする展開!
1話完結なのでいつから見てもいいのが
うれしいですね。

今回の監督が細川徹さん。

宮藤官九郎さんの主催の大人計画に所属していて
クドカンさんの作品にも頻繁に
出演したり演出したりしているお人。

その人が監督やってるんで楽しみ―w

それでは、2017年7月28日(金)放送のドラマ
『下北沢ダイハード』第2話「違法風俗店の男」
のあらすじ、ネタバレ、感想を書いていきますw


出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

スポンサードリンク

あらすじ

下北沢での舞台(本多劇場)に出演中の
俳優・光石研(本人役)。

前の仕事が早々に終わり、入り時間まであと2時間ほど
時間が余った。

どう潰そうか…と悩んでいた時
共演中の俳優・ 池田鉄洋(本人役)の話を思い出す――

「王将の近くに風俗ビルがあるんだって」。

何気なくその風俗店に足を踏み入れてみた光石。
やっぱやめとこうと一旦は帰ろうとするが
そこに現れたのは期待以上に可愛く
自分好みの風俗嬢・ユイ(川栄李奈)。

結局案内されるがまま
消防士と偽り楽しいひとときを過ごそうとする。

これから!というときに
突然店のBGМが止まり、店内がざわつきだす。

なんと警察の摘発が入るというアナウンスが…!!

そう、この店はなんと違法風俗店!

たまたま入った風俗店に警察のガサ入れ!
俳優生命終了の危機に命がけの脱出劇が始まる!

偶然そこに居合わせた
同じく芸能人のロバート・秋山(本人役)も共に
脱出作戦を試みる。

刻一刻と迫る緊迫感。

絶対に捕まるわけにはいかない…。

舞台に遅れるわけにはいかない…。

迫りくる警察、迫りくる舞台の開演時間…!
光石研の俳優生命はいかに―――!?

感想

執筆中です。

スポンサーリンク
top
top

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする